見逃した方のために: SMX EastでのAmazon Advertising

2017年12月6日

10月24日~26日、ニューヨーク市: Amazon Advertisingは、検索マーケティング担当者向けの毎年恒例のイベントであるSMX Eastに参加しました。Colleen Aubrey(パフォーマンス広告担当バイスプレジデント)は、スポンサー広告の商品提供(旧称Amazonマーケティングサービス、またはAMS)、Amazonの顧客中心の文化、および最高のホリデーシーズン広告戦略に関するセッションを主催しました。ここでは、これらのセッションでの重要なポイントをご紹介します。

  1. 購入者は商品を見つけて購入するために、Amazonを閲覧します。 多くのお客様がAmazonの検索バーを使用して商品を検索します。Amazonで購入過程を開始したお客様の92%がAmazonで最終的に商品を購入しています1。これは広告とどのような関連性があるでしょうか? サイトでリテールの強力な存在感を確立することが必要です。商品の在庫があり、高品質の画像、正確な情報、顧客からの優れた評価、十分なカスタマーレビューが記載された商品詳細ページが存在していなくてはいけません。「広告は、お客様が気に入らない商品を修正する手段ではありません」とAubreyは話します。 ポイント:お客様にとって最高の商品を慎重に選んで宣伝する。代理店のクライアントはリテールパートナーと緊密に連携し、確実に成功に向かって動く必要があります。
  2. 実際に稼働するストアの様子: ある講演で、Aubreyは、動画や人目を引くライフスタイル画像、季節に合った商品のキュレーションを特徴とする業界最高のストアの現場体験をオーディエンスに説明しました。ストアは、ブランドがAmazon内に包括的で専用的なブランド中心の目的地を作成できるようにする新しい無料のセルフサービスソリューションです。ストアは、バイラインおよびスポンサーブランド広告(ヘッドライン検索広告)キャンペーンの両方からアクセスできます。Aubreyは、ストアを広告エクスペリエンスに統合することで、ブランドがセレクション、ストーリー、独自の機能をお客様に公開できる、すべてが一つにまとまったナビゲートしやすい強力な方法になるということを指摘しました。
  3. マニュアルターゲティングのスポンサープロダクト広告キャンペーンは、以下の重要なメリットをもたらします。 ブランドがスポンサープロダクト広告キャンペーンのマニュアルターゲティングを選択する、つまり独自のキーワードを選択する場合、Bid+と呼ばれる機能を活用できます。この機能は入札額を動的に最大50%引き上げるため、コンバージョンにつながる可能性が高い場合に、広告は高い確率で検索結果の上部に表示されます。これは非常に役立つ機能です。目立つ位置の掲載枠により、お客様が商品を見つけやすくなります。
  4. ブラックフライデーとサイバーマンデーは確かに重要ですが、シーズンの残りも同じように重要です。 Amazonのホリデーシーズンは、12月の終わりまで続きます。セールに基づいたイベントは、この期間が終わった後に発生します。ブランドはどのように計画を立てるべきでしょうか? Aubreyは、大きな「セール日」の前後に購入者に見つけてもらいやすくするために常時オンのアプローチを取る、シーズンを通して広告が表示されるようにキャンペーン予算に十分注意する、さらに数量限定タイムセール、本日の特選商品などのホリデーシーズンのセールをターゲットキャンペーンで宣伝する、という3つのヒントを提示しました。さらに、ホリデーシーズンの後にお客様がギフトカードを商品と引き換える可能性が高いため、1月にキャンペーンを実行することも有効です。

代理店のパートナー様は、 パートナーリソースページをご覧ください。





1 出典: PowerReviews、Mapping the Path to Purchase、2016年6月