Reprise Commerceは、デジタルコマースに影響を与える混乱と変化、およびブランドがそれらの変化に適応する方法について詳しく説明しています

2023年1月17日 | 投稿者:Jareen Imam、コンテンツおよび編集シニアマネージャー

携帯電話を見て嬉しそうに叫んでいる男性
CESでの取材

このブログ投稿は、CESでのAmazon Adsによる取材の一部です。2023年1月5~8日にラスベガスで開催されたこのカンファレンスにおいて、Amazonはブランドのマーケティング戦略の強化とビジネスの成長に役立つ新鮮なインサイト、傾向、プロダクトを紹介しました。

必要な商品を見つけて購入するために、新しいテクノロジーやチャネルを利用するといった、消費者の心理や習慣の進化に伴い、デジタルコマースの状況は常に変化しています。つまり、ブランドはわかりやすいメッセージを伝えながら、お客様に大規模にリーチするために、継続的に適応性と機敏性を保必要があります。

世界で最も影響力のあるテクノロジーカンファレンスの1つであるCESで、Amazon Adsはコンテンツスタジオでブランドリーダーや代理店パートナーと対談し、オーディエンスとつながり、常に最初に思い浮かべられるブランドであり続け、ブランドへの愛とロイヤルティを刺激するための方法について話し合いました。2023年のカンファレンスでは、Interpublic Groupに属し、デジタルコマース事業のあらゆる面をカバーする世界的な代理店であるReprise Commerceのグローバルプレジデント、Glen Conybeare氏にインタビューしました。

インタビューにおいて、Conybeare氏は、デジタルコマースを取り巻く環境の変化、およびブランドが購入者とのつながりを強化し、購入者に働きかける方法を共有しています。以下のインタビューを詳しく見て、デジタルコマースの傾向に関するインサイトやマーケティング担当者が学べることについてご確認ください。

ブランドはオンラインで消費者と交流する方法をどのように変化させてきましたか?

オンラインビジネスで成長してきたブランドは、引き続き成長を目指しています。サービスの提供、機能、実行の視点で停滞しているブランドは、後退している可能性があります。もちろん、これはすべて消費者の期待と結びついており、それらの期待は大幅に高まっています。

デジタルコマースを取り巻く環境はどのように進化してきましたか?また、それがブランドやマーケティング担当者にとって重要なのはなぜですか?

これまで、デジタルコマースを適切に行うとは、売上を得ることを意味していました。それは今でも変わりませんが、消費者から最初に思い浮かべられるブランドであり続けるためには、商品の発見段階だけでなく、オーディエンスにどれほどアピールできているかについても考慮する必要があります。

たとえば、私は最近ロボット掃除機を購入しました。商品のリサーチ段階では、考え得るほとんどすべてのオプションを調べました。オンラインストアにアクセスし、ソーシャルメディアを検索し、レビューを読みました。購入する商品を決定した後は、コストだけでなく付加価値(迅速な無料配送や延長保証などのメーカーによる追加サービスなど)も考慮し、どこで購入するかを検討しました。そのようなわけで、コマース戦略を立てる際、商品詳細ページのみにとどまらず、消費者が実行する幅広いプロセスについても考慮するようお勧めします。

現在のブランドの成長における最大の課題は何ですか?

多くの商品の中から目立たせることです。そのためには、機敏性を働かせるとともに、お客様を理解することが必要です。そうすることは、ブランドを発見してもらい、最初に思い浮かべられるブランドであり続けることに役立ちます。

特にオーディエンスの細分化が進む中で、ブランドがお客様によりよくリーチするにはどうすればよいですか?

テストを実行するためのマーケティング予算を確保します。ブランドは広告費用対効果にこだわりすぎて、文字通り費用を細かく節約するようになりました。そうすることのマイナス面は、創造性が発揮できなくなり、新しいことに挑戦するのを恐れるようになるということです。少なくとも予算の10%を実験やテストの実行のために確保するようお勧めします。 8%の予算は無駄になるとしても、2%で成功する可能性があります。

経済が不安定な時代において、ブランド、特に中小企業が成長し、お客様にサービスを提供し続ける方法について、何かアドバイスがありますか?

トラフィックの獲得と同様にコンバージョンにも注意を払うことです。多くのブランドがトラフィック目標の達成にこだわりすぎて、その後の結果にほとんど注意を払っていないという傾向がいまだに見られます。

コンバージョン率が少し上がるだけで、パフォーマンスの低いキャンペーンが優れたキャンペーンになる場合があります。ですから、ブランドのストアや商品詳細ページなどを最高の品質に保つようにしてください。

たとえば、動画を追加するだけでも大きな違いが生じます。しかし、さらに多くのことが行えます。 利益を最大化するために他に販売できるものがありますか? セット品割引や一括購入割引を提供できますか? これらの施策を講じることで、キャンペーンの収益性に劇的な影響を与える場合があります。

今後のオンラインコマースの展開についてどんなことを期待していますか?

今後、オンラインコマースはより主流の商取引になります。もちろん、課題は環境への影響を少なくすることです。

2023年にブランドがオーディエンス期待すべきことは何ですか?

期待が高まると、忍耐力が低下し、ブランドのロイヤルティも低下する可能性が高くなります。つまり、混乱につながる完ぺきな組み合わせです。デジタルコマースの変化を止めることはできません。