ウィッシュリストのシーズン: ホリデーシーズンの買い物客が最初に思い浮かべるブランドであり続けるためのQuartileのコツ

2021年11月22日 | 投稿者:Jareen Imam、コンテンツおよび編集シニアマネージャー

今年最大のショッピングイベントが近づく中、ブラックフライデーとサイバーマンデー(BFCM)の期間中にオーディエンスにはたらきかけることを検討しているブランドは、すでにホリデーマーケティング戦略を実施しています。とはいえ、ブランドがホリデーマーケティングキャンペーンを改善して、オーディエンスとのつながりを深める機会はほかにもあります。人工知能と機械学習を活用して広告を最適化し、Amazon 全体のパフォーマンスと成長を促進する独自のテクノロジーツールであるQuartileのチームは、ブランドにとってこのホリデーシーズンにお客様との有意義な関係を築くのが重要であることを認識しています。

Quartileの最高収益責任者であるCanaan Schladale-ZinkがAmazon Adsのインタビューに答えて、ブランドがこのホリデーシーズンに新たなオーディエンスにリーチし、オーディエンスが最適なギフトを見つけられるようにするのに役立つ戦略をいくつか共有しました。

Amazon Adsのソリューションを活用して、お客様にとって役立つブランドにすることができたという経験を教えてください。もたらされた成果

弊社は、ある大手スポーツウェアブランドがAmazon Adsを利用してAmazon PPC(クリック課金制)の支出を最適化し、あらゆる場所での広告にAmazon DSP広告を使用して新規顧客を獲得するのをサポートしました。その結果、2か月で売上が50%増加し、広告費売上高比率(ACOS)は25%削減されました。1 弊社はこのブランドのPPCキャンペーンを自動化し、機械学習を活用して、ブラウジングとAmazon DSP全体の売上を伸ばすサポートをすることができました。

ホリデーシーズンのショッピングを計画できるようお客様をサポートする際に、ブランドが直面する最大の課題は何ですか?また、Amazon Adsはブランドがその課題を克服するためにどのように役立ちますか?

今回のホリデーシーズンは、ブランドと消費者の両方にとって新たな課題となります。世界的なロジスティクスとサプライチェーンにおける課題のため、一部のお客様は以前より早い時期に買い物を始めています。ブランドは、そうしたロジスティクスの課題を解決するだけでなく、ホリデーシーズンの広告費をより長い期間にわたってより大規模なメディア環境のために投入する必要があります。Amazon DSPを使用してこうしたオーディエンスに早い時期からリーチし、Amazonアトリビューションを活用してお客様のアクセス元を把握し、ブランド紹介ボーナスプログラムを利用すれば、広告主様が買い物客とのエンゲージメントを深めるのに役立ちます。

代理店やブランドのホリデーウィッシュリストの最上位に来るべきなのは何ですか?

クロスチャネルアトリビューション、インサイトベースの時間単位の最適化、マージンベースのマーケティングです。理由は次のとおりです。

1.Amazonアトリビューションを有効にすると、ブランドはメディアチャネル全体の計画と予算を立てて、Amazonストアにおける売上と成長の最大化に役立てることができます。2022年に向かってそうすることが欠かせません。

2.時間単位のコンバージョンに基づいて入札戦略を最適化できるため、ブランドは一日を通じて購入がピークになる時間帯に投資したり拡張したりし、コンバージョン率が低い時間帯は支出を抑えることが可能になります。

3.ブランドやASINレベルでマージン目標に向けて広告費を最適化して、検討の促進と規模拡大に役立てます。この機能は、特に現在の供給環境においては出品者様にとって重要です。

ホリデーシーズンのマーケティング戦略について詳しく知りたいですか? Amazon Adsのホリデーマーケティングに関する記事をご覧ください。

1 Quartile社内データ、米国、2020年~2021年