OTT広告戦略: キャンペーンにOTT動画広告を追加する3つの利点

2021年1月5日

Katherine Vasilopoulos
シニア商品マーケティングマネージャー

ストリームの背景: 今回のブログシリーズは、OTT(オーバーザトップ)動画広告(ストリーミングTV広告とも呼ばれる)を構成する最新のトレンドに関するインサイトを入手し、理解を深めるのに役立ちます。

私たちは毎日コードカッティングの現象について読み、全国のリビングルームで起こっていることを知っています。実際、現在7,000万の家庭がストリーミングTVを使用し、視聴時間は月平均102時間になっています。1 Amazon Adsでは、2020年だけで、広告対応のストリーミングTVコンテンツ(OTT(オーバーザトップ)動画広告とも呼ばれる)の月間視聴者が2,000万以上からから5,000万以上に増加しました。今日のオーディエンスは、お気に入りの動画コンテンツをこれまで以上にストリーミングしています。

それに応じて、Amazon Adsではブランドがストリーミングコンテンツに力を入れ、当社の規模、固有のリーチ、深いインサイトを最大限に活用して、重要なオーディエンスによる認知度を高めています。しかし、ブランドは単に認知度を高めるだけでなく、キャンペーンへの影響を知りたいと考えています。そのため、ブランドが既存のAmazon AdsキャンペーンにAmazonストリーミングTV広告を追加したことで得られたインサイトについて共有しています。

1.OTT動画広告をキャンペーンに追加して、新しいオーディエンスにリーチする

OTT広告が認知度を高めるのに役立つというのは驚くことではありませんが、Amazonの調査では、スポンサープロダクト広告スポンサーブランド広告スポンサーディスプレイ広告など、ローワーファネルキャンペーンにAmazonストリーミングTV広告を追加することで、ブランド新規顧客による購入を促進するのにも役立ちます。

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、またはスポンサーディスプレイ広告キャンペーンにAmazonストリーミングTV広告を追加したブランドは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告のみを使用した場合と比較して、ブランド新規顧客への売上が平均で21%以上増加しています。2

重要なポイント: キャンペーンにOTT動画広告を追加すると、特にローワーファネル戦略と組み合わせた場合に、ブランドが新しいお客様にリーチするのに役立ちます。

参照元: Amazon Internal、2020年

2.キャンペーンにOTT動画広告を追加して、ブランドへの検討を促す

OTT動画広告は、認知度とリーチを促進するだけでなく、既存のローワーファネル戦略に追加することで、貴社のブランドへの検討を促すのに役立ちます。

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告またはスポンサーディスプレイ広告キャンペーンにAmazonストリーミングTV広告を追加したブランドは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告のみを使用した場合と比べて、広告に由来する商品詳細ページの閲覧数が平均で2.5倍増加しています。同様に、AmazonストリーミングTV広告をキャンペーンに追加したブランドは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告のみを使用した場合と比べて、「カートに入れる」アクションが2倍に増えています。

重要なポイント: キャンペーンにOTT動画広告を追加すると、お客様がブランドページを閲覧したり、商品をカートに追加したりする可能性が高まります。

参照元: Amazon Internal、2020年

3.OTT動画広告をキャンペーンに追加して収益を増やす

多くの場合、販売を促進するマーケティング戦略には、ローワーファネル戦略しか含まれていないと信じられています。しかし、Amazonの調査では、OTT動画広告を追加するとコンバージョンに貢献できることが示唆されています。

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、またはスポンサーディスプレイ広告キャンペーンにAmazonストリーミングTV広告を追加したブランドは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告のみを使用した場合と比べて、売上が月比で平均8%増加しています。さらに、分析によると、AmazonストリーミングTV広告をキャンペーンに追加したブランドは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告のみを使用した場合と比べて、広告に由来する売上が2倍多くなっています。

参照元: Amazon Internal、2020年

OTT動画広告をローワーファネル戦略に追加しましょう

広告主様にとっては、キャンペーンにOTT動画広告を追加すると、マーケティングファネル全体で成功する可能性があります。OTT動画広告は、ブランドの認知度を高めるだけでなく、検討の促進、新しいお客様の増加、売上増加にも役立ちます。

AmazonストリーミングTV広告と独自の行動シグナルについて詳しくは、 Amazonの動画広告ページをご覧ください。

参照元

1Comscore State of OTT、2020年
2Amazon Internal、2019年 – 5つのカテゴリー全体で600を超えるブランドの分析に基づく結果