L'OréalはAmazon Marketing Cloudを使用し、関連性の高いオーディエンスに適切なタイミングでリーチした

2021年11月24日 | 投稿者: Matt Miller、シニアコピーライター

多くのマーケティング担当者は、いずれかのタイミングで次のような疑問を抱くことがあるかもしれません。 広告はどれくらいの回数オーディエンスに対して表示されるべきなのか? これは難しい質問であり、マーケティング担当者が長年かけて理解しようとしてきた問いです。そしておそらく、その疑問に答える最善の方法は、お客様をより深く理解することから始めることです。

2021年前半、L'OréalはAmazon Marketing Cloud(AMC)を使用して、お客様にリーチする方法をより深く理解しました。同ブランドがAmazon Adsのアドテックを使用して発見したことは、マーケティング戦略と広告の表示頻度を最適化するのに役立ちました。

AMCで最も効果的な広告頻度を見つける

Ducret氏とGrenier氏の写真

© Hub Institute

10月のHub Forumでのセッションで、L'Oréalフランスの最高マーケティングデジタル責任者であるElise Ducret氏は、「私たちはメディアに投資し、認知度の向上に力を入れ、多くのことを推進し、消費者への露出度をますます高める必要があると考えがちですが、これらのツールのおかげで、メディアへの投資をいつ修正したらよいかを判断できます」と述べています。「AMCを使用することで、4回の広告露出の後に、リマーケティング投資の予定がなかった予算の一部を再配分し、顧客層を拡大できることに気付きました。これにより、新規顧客獲得の予算を拡大することもできます。」

AMCでの一連の分析テストを通じて、L'Oréalは、お客様が広告の1つを4回見た後は、広告のメッセージ効果が低下し、コンバージョン率は低くなり、費用対効果が大きな成果をもたらしていないことを知りました。

「消費者に過度のプレッシャーをかけることをやめなければなりませんでした」とDucret氏は述べ、「広告の無駄を避ける」ために、ユーザーがブランドのディスプレイ広告や動画広告を見る回数を制限するフリークエンシーキャップの重要性に注目しました。

L'Oréalは、戦略を変えたことで、広告費用対効果を最初の月に53%、2か月目に87%増加させることができました。1 同時に、広告費を制限したことにより、L'Oréalは新規顧客獲得のための予算を7%から44%に増やすことができました。2

オムニチャネルジャーニーで購入者にリーチする

Ducret氏とGrenier氏の写真

© Hub Institute

AMCは、フリークエンシーキャップのよりよい戦略を策定するだけでなく、今日のオムニチャネルのショッピングジャーニーを通じて、L'Oréalが関連性の高いオーディエンスに適切なタイミングでリーチする方法をよりよく理解できるようサポートしました。現代の多くのお客様にとって、ショッピングジャーニーはもはや直線的ではないため、これはL'Oréalにとって重要でした。Fevadの2021年のレポートによると、2020年のフランスの購入者の39.6%が複数のデバイス(コンピューター、スマートフォン、タブレット)を使用して購入し、2019年と比較して7%の成長を記録しました。

L'OréalはAMCを使用することで、オムニチャネル戦略の一環として、Amazon Adsのキャンペーンが、お客様が時間を過ごすあらゆる場所でのかかわりと売上をどのように促進しているかをより適切に評価することができました。

「今話題のオムニチャネルエクスペリエンスを考慮し、すべてのタッチポイントを相互に比較して評価する必要がありますが、これらすべてを測定するのは難しいことです。そのため、Amazon Marketing Cloudのようなツールは、販売に結びつくラストクリックだけでなく、過程全体を完全に把握するためになくてはならないものです」とDucret氏は述べています。「これは、メディアミックスの改善に役立ちます。ポイントはオムニチャネルのインサイトを考慮に入れることです」

適切なお客様に最善のタイミングでリーチするのにAMCがどのように役立つかについて詳しくは、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブに今すぐお問い合わせください

出典

1~2 広告主様提供データ、2021年