スポンサーディスプレイ広告の新機能は、ブランドがショッピングジャーニーやエンターテインメント体験でオーディエンスにリーチできるようサポートします

2021年10月29日

10月26日から10月27日までバーチャルで開催されたunBoxed 2021期間中、Amazon Adsは、ブランドが新しい方法で商品をお客様に宣伝し、知らせ、つなげるのに役立つ、スポンサーディスプレイ広告のさまざまな機能を紹介しました。

購入リマーケティングで購入者に再び働きかける

多くの場合、お客様は、すでにエンゲージメントの高い、慣れ親しんだブランドから新商品を見つけることを好みます。このことを念頭に置いて、Amazon Adsでは、購入リマーケティングにより、スポンサーディスプレイ広告のカスタムビルドオーディエンスを拡大しました。購入リマーケティングを使用すると、Amazon内での過去の購入行動やショッピングアクティビティに基づいて広告主様がオーディエンスにリーチする際に役立ちます。これは、ブランドが、ブランドロイヤルティを構築しつつ、自社商品のリピート購入の促進に役立つ力を持つことを意味します。この機能を使用すると、ブランドは、広告掲載商品、その他の人気商品、および特定のリテールカテゴリの商品について、過去のオーディエンスにリマーケティングできます。

購入リマーケティングは、ブランドがより意図的で関連性の高い方法でお客様とつながるのに役立ちます。広告主様は、プライスポイント、ブランド、レビューの星の数などの絞り込みを使用してキャンペーンをカスタマイズできます。さらにAmazon Adsでは、カスタムビルドされたオーディエンス向けに、カスタマイズ可能なルックバックウィンドウを導入し、閲覧リマーケティングと購入リマーケティングの両方で利用できるようにしました。この機能により、広告主様はリーチしたいオーディエンスをさらに定義できます。

入札額の最適化を使用してオーディエンスとつながる

関連性の高いオーディエンスとつながる方法がさらに増えました。Amazon Adsでは、スポンサーディスプレイ広告の入札管理を拡張しました。カスタム入札額の最適化により、広告主様は、ショッピングジャーニーやエンターテインメント体験のあらゆる機会に関連性の高いオーディエンスにさらにリーチできます。特定の地域の広告主様は、「ビューアブルインプレッションに合わせた最適化」を選択すると、商品の認知度を高め、関連性の高いお客様にリーチするのに役立ちます。

ビューアブルインプレッションに合わせた最適化を使用すると、広告主様は、クリック+閲覧数アトリビューションを使用して、リーチ、価値、および検討と認知度向上の取り組みを拡大できます。また、これに対する価値に応じた支払いをするため、1000件当たりのビューアブルインプレッション単価(vCPM)請求を使用できます。スポンサーディスプレイ広告レポートは、広告主様がキャンペーンを最適化し、それらのキャンペーンについて、関連性の高いオーディエンスに対するより多くのインサイトを得るのに役立ちます。

動的最適化クリエイティブでブランドクリエイティブを最大化

さらに動的かつレスポンシブな機能によって、スポンサーディスプレイ広告クリエイティブが進化しています。Amazon Adsの動的最適化クリエイティブは、商品、掲載枠、パブリッシャー、さらにはブランドの広告を表示する可能性のあるオーディエンスのタイプなどの入力を使用して、機械学習アルゴリズムに従い、広告主様のニーズを満たす可能性が最も高い広告クリエイティブを配信するのに役立ちます。これにより、広告主様のクリエイティブを、あらゆるデバイスやパブリッシャーで、Amazon内外を問わず、無数のサイズに最適化することもできます。さらに、広告主様がキャンペーンの目標を達成し、広告主様のニーズを満たす可能性が最も高いクリエイティブを提供するのに役立つよう、商品名、価格、ブランドロゴ、Amazonのコールトゥアクションなどのクリエイティブ要素が組み合わされ、調整されます。

unBoxed 2021から他の製品リリースを探すことをご希望ですか? すべてのトピックを確認して、より多くの広告およびマーケティングツールを見つけましょう。また、Amazon Adsのエキスパートや他のブランドリーダーが論じるトレンドやアイデアについてお読みください。