キッズファッションブランドの成長を加速させるのに役立ったテクニック

2021年12月22日 | 投稿者:Carly Kahan、コンテンツスペシャリスト

新学期シーズンは、ブランドが新規顧客にリーチするのに最適な時期ですが、親の方たちは1年を通じて子どもの服を購入しています。広告主様は、ファッションマーケティングの主なポイントを参考に、年間を通じて新規購入者にリーチするのに最適な方法を検討する必要があります。

広告主様がキッズファッションの購入者に効果的にリーチするのに役立つよう、ブランドが広告戦略を強化するために利用できるテクニックやベストプラクティスを見てみましょう。

キッズファッションの購入者のショッピング傾向を把握する

キッズファッションのブランドが1年を通して最初に思い浮かべてもらうには、広告主様が利便性に重点を置くことが不可欠です。全米のファッション購入者1,000人を対象とした調査では、10人に4人の親が、オンラインショッピングの最大の理由の1つは利便性だと答えています1

広告主様は、オンラインショッピングの利便性について購入者に知らせると同時に、Amazonのストアを通じて購入過程の早い段階でリーチすることもできます。Amazonを訪問したキッズファッションの購入者の54%は、購入決定の過程のうち、商品をリサーチする早い段階でAmazonを訪問したと報告しています。2 これは、購入前にブランドがAmazonでお客様にリーチする機会を際立たせています。

多くの購入者は利便性ゆえにオンラインショッピングを利用していますが、Amazonは依然として実店舗内でブランドや商品の発見を促しています。実際に、購入者の41%が、実店舗にいる間に携帯電話を使ってオンラインでリサーチしたと報告しており、その半数以上がAmazonを訪問しています3 こうしたショッピング体験のハイブリッドな性質は、キッズファッションの購入者のオムニチャネル動向を示しています。ブランドは、購入に至る過程で、オンラインとオフラインの両方のタッチポイントを通じて購入者にリーチすることを検討する必要があります。

広告は、ブランドの認知度、検討、コンバージョンを促進する取り組みにおいて、新規購入者にリーチするのに役立つ場合があります。複数のタッチポイントでキッズファッションの購入者にリーチしたブランドは、ブランド新規顧客の購入が33%増加しました。4

54%


Amazonを訪問したキッズファッションの購入者の54%は、購入決定の過程のうち、リサーチの早い段階でAmazonを訪問したと報告しています。2

41%


購入者の41%が、実店舗にいる間に携帯電話を使ってオンラインでリサーチしたと報告しており、その半数以上がAmazonを訪問しています。3

+33%


複数のタッチポイントでキッズファッションの購入者にリーチしたブランドは、ブランド新規顧客の購入が33%増加しました。4

キッズファッションの購入者に関するインサイト

キッズファッションのブランドキャンペーンを測定する際は、売上の拡大、グランスビュー数、ブランド新規顧客の成長率などの指標を十分に考慮する必要があります。キッズファッションの広告主様は、AmazonのストアとAmazon Adsのソリューションをどちらも利用することで、購入プロセス全体を通じて消費者へのリーチを効果的に行えます。主な推奨事項には、新しいオーディエンスへのリーチ重要な商戦期への投資複数のタッチポイントでの購入者へのリーチ年間を通じた常時掲載の勢いを活用することが挙げられます。

こうしたベストプラクティスは、ブランドによる広告目標の達成をサポートする可能性があります。ただし、ブランドの目標によっては、簡単なことから始めて、推奨事項をAmazon Ads戦略に組み込むことが役立つかもしれません。ブランドにとって何が最適かを確認しましょう。購入者に最も効果的にリーチするために、ベストプラクティスを試して得られた情報を活用できます。

開始にあたっては、Amazon Adsのアカウントエグゼクティブにお問い合わせください

1 KantarおよびAmazon Advertising、ファッションオーディエンスに関する調査、2020年
2 KantarおよびAmazon Advertising、キッズファッションに関する調査、2021年5月
3
KantarおよびAmazon Advertising、キッズファッションに関する調査、2021年5月
4 Amazon Internal、2018~2020年