Intentwiseは、ショッピングジャーニーでお客様にリーチするためにスポンサーディスプレイ広告を役立てています。

2021年12月15日

ショッピングジャーニーの早い段階で購入者にはたらきかけることは、ニーズに合った商品の宣伝をサポートするうえで非常に重要です。そのため、広告最適化ツールであるIntentwiseスポンサーディスプレイ広告を使用することで、オーディエンスが時間を過ごすあらゆる場所でリーチするのに役立っていると、Intentwiseの共同創設者兼CEOであるSreenath Reddy氏は話しています。Intentwiseはスポンサーディスプレイ広告を使用して、ブランドがオーディエンスとつながるのをサポートすると同時に、広告のリーチを向上させています。

2019年、IntentwiseはAmazon Adsとの提携を開始して、その後数年間で推奨を自動化し、理解しやすいマーケティング指標や視覚情報を提供しながら、ブランドがお客様に最適なサービスを提供する方法を理解できるように支援しています。

多くの商品がスポンサーディスプレイ広告キャンペーンからメリットを得られ、ブランドの認知度と検討を促すことができたと、Reddy氏は述べています。Intentwiseは、さまざまなチャネルで利用状況を比較することで、オーディエンスが存在する場所でリーチし、オーディエンスが目的のブランドや商品を見つけられるようにサポートしています。

「売上を伸ばすには、インプレッション数とクリック数を増やし、商品に対する認知度を高める必要があります」と、Reddy氏は語りました。

通常、Intentwiseの顧客は中規模から大規模の広告主様で、段階的に成長を促すことを目標に掲げています。Intentwiseはこの目標を達成するために、さらに多くのお客様に働きかけ、リーチする方法について、広告主様が戦略的に考えられるようサポートしています。

スポンサープロダクト広告またはスポンサーブランド広告で効果のあるものを活用して、スポンサーディスプレイ広告の商品ターゲティングに展開することは、ごく当たり前の決断で、当社にとっても非常に有効です」と、Reddy氏は述べています。スポンサーディスプレイ広告では、オーディエンスが時間を過ごすあらゆる場所でリーチします。つまり、Amazonの商品検索結果ページからTwitch、デスクトップ広告、モバイル広告、アプリ広告などのサードパーティのウェブサイトまで、カスタマージャーニー全体を通して広告が表示されます。また、スポンサーディスプレイ広告を使用すると、広告クリエイティブが自動的に作成され、見出し、ロゴ、ライフスタイル画像でカスタマイズできます。これにより、ショッピングジャーニーやエンターテインメント体験の各ステージで、お客様にはたらきかけられるようブランドを支援します。

平均して、広告主様はスポンサーディスプレイ広告を使用することで、ブランド新規顧客の売上の最大82%を獲得できます。1

「スポンサーディスプレイ広告キャンペーンにより、ブランド新規顧客の注文は70%以上増加2しました。売上増加につながっていることを確認できたのは、大きな喜びです」と、Reddy氏は補足しました。

Intentwiseは他のブランドの成功を導く

Intentwiseは、ショッピングジャーニーの早い段階でお客様にリーチすることから始めます。購入者が商品を探すときに広告を表示することは、新しいオーディエンスにリーチするのに理想的な方法です。オーディエンスの認知度を高めるには、ブランドは大きなイベントやシーズンの3~4週間前にキャンペーンを開始する必要があると、Reddy氏は述べています。Intentwiseが提携した2つの会社、コーヒーおよび紅茶関連商品の会社であるGroscheとおもちゃ・ゲーム会社であるTeeTurtleの例を考えてみましょう。

Groscheウォーターボトル

Grosche

コーヒーおよび紅茶関連商品の会社

スポンサーディスプレイ広告などの戦略のサポートを受けて、「ブランド新規顧客の注文は80%以上を超えました」と、Reddy氏は述べています。Groscheは、クロスセルやアップセルなどの戦略(関連商品やアップグレード商品を推奨)を利用して、新規のお客様にはたらきかけました。

TeeTurtleのホリデー広告

TeeTurtle

おもちゃ・ゲーム会社

TeeTurtleはしばらくの間、オーディエンスキャンペーンと商品キャンペーンを利用しており、ホリデーシーズン中にスポンサーディスプレイ広告の利用数を倍増させる予定であると、Reddy氏は述べています。

Intentwiseが提供するパフォーマンスインサイトの全体像は、ブランドが新しいオーディエンスにリーチし、はたらきかけるうえで役立てられます。また、指標とテストのオプションがシンプルになったため、段階的な成長を促すのに役立っています。Reddy氏は、今後予定しているIntentwiseの新機能について次のように述べています。「クリエイティブなテストを容易にする機能を構築し、カスタム画像をサポートすることで、お客様は独自の画像を通じてブランドストーリーを発信できるようになります」

ショッピングジャーニーやエンターテインメント体験のあらゆる段階でオーディエンスにはたらきかけることを目指すブランドは、ぜひスポンサーディスプレイ広告の利用を検討してください。

1 Amazon internalデータ、2020年
2 広告主様提供データ、2020年