今年のホリデーシーズンに駆け込みのお客様にリーチするためのベストプラクティス

2021年11月23日 | 投稿者:Jareen Imam、シニアコンテンツおよび編集マネージャー

ホリデーショッピングは、ブラックフライデーとサイバーマンデー(BFCM)などの主要なショッピングイベント中にピークを迎えます。しかし、この期間後もギフトの購入は継続的に増加します。1 この期間はギフトシーズンとも呼ばれています。また、買い物はブラックフライデーサイバーマンデーを過ぎても続くため、ブランドはオムニチャネルマーケティング戦略を策定して、最高のギフトを探しているホリデーシーズンの駆け込み購入者への認知度を高め、検討を促すチャンスがあります。

e-marketerによると、2021年のホリデー商戦期はお客様にとって大きなイベントになる見込みです。今年のホリデーリテール売上は1.1兆ドルになると予測されています。2 しかし、一部のブランドは、それらの販売が実際にいつ行われるのか疑問に思うかもしれません。KantarとAmazon Adsが実施した調査では、回答者の67%が、ギフトの購入を終えるのはブラックフライデーサイバーマンデー後であると回答しています。3 ブラックフライデーサイバーマンデー後も、ホリデーシーズンの購入者の購入の検討と意図は高まり続けています。たとえば、購入者の17%がブラックフライデーサイバーマンデー後最長4週間はまだリサーチと閲覧を行っており、27%が購入を行っています。4

1.1兆ドル


2021年のホリデーリテール売上は1.1兆ドルになると予測されています。2

67%


回答者の67%が、ギフトの購入を終えるのはブラックフライデーサイバーマンデー後になると回答しています。3

17%


購入者の17%は、ブラックフライデーサイバーマンデー後最長4週間はまだリサーチと閲覧を行っており、27%は購入を行っています。4


では、ホリデーシーズンの一部の購入者が12月までギフトの購入を待つのはなぜですか? プライムデーやホリデーシーズンなど、Amazonの主要なショッピングイベントのAmazon AdsグローバルバーティカルマーケティングリーダーであるAwilda Hancockは、Amazon Adsの2021 unBoxedカンファレンスで、一部の購入者は間違ったものを購入したくないためにギフトの購入を遅らせると述べました。

「正直に言います。私がホリデーシーズン中にギフトの購入を先延ばしにする理由は、主に買うものがほとんど決まっていないからです。選択肢はたくさんありますが、間違ったギフトを購入したらどうしようという恐れもあります。」 Hancockは述べています。

quoteUp「正直に言います。私がホリデーシーズン中にギフトの購入を先延ばしにする理由は、主に買うものがほとんど決まっていないからです。選択肢はたくさんありますが、間違ったギフトを購入したらどうしようという恐れもあります。」quoteDown

この心理は、ホリデーシーズンの駆け込み購入者によく見られます。ホリデーシーズンの購入者の16%は買うものが決まっていません。56%はおおよそ決めているものの、より詳しい情報を必要としています。5 これは、ブランドがホリデーショッピングジャーニーでお客様にインスピレーションを与えるのに役立つ機会です。

動画はホリデーシーズンの購入者にインスピレーションを与えるのに役立ちます

ギフトを贈るアイデアを探している購入者は、最高の決定を行うためにより詳しい情報を集める可能性が高くなります。ブランドがこれらの購入者にインスピレーションを与えることができる方法の1つは、商品がどのように使用されるかを視覚化できるようにサポートすることです。ブランドは、購入者が動画を通じてより多くの情報に基づいて決定を下せるようサポートできます。動画は、商品が実際に使用されている様子を紹介したり、商品の対象オーディエンスを伝えたりすることができます。AmazonのストリーミングTV広告は、ブランドが関連性の高いオーディエンスとメッセージを共有するのに役立ちます。Amazon Adsが委託したIpsosの調査によると、オーディエンスは夜のプライムタイム中(午後8時~午後11時、29%)または夕方(午後4時~午後8時、26%)のストリーミング動画コンテンツ内の広告に最も注意を払います。6 これは、広告主様がギフトの選択肢をまだ決めているホリデーシーズンの駆け込み購入者に働きかける方法になる可能性があります。ストーリーを伝える動画の力により購入者に商品の明確なイメージを伝えることは、購入者が適切な商品を見つけたと確信できるようにブランドがサポートできる1つの方法にすぎません。

午後8時~午後11時
29%

午後4時~午後8時
26%

オーディエンスは、夜のプライムタイム中(午後8時~午後11時、29%)または夕方(午後4時~午後8時、26%)のストリーミング動画コンテンツ内の広告に最も注意を払います。6

音声を使って今年のホリデーシーズン向けの音楽を聴いているリスナーにリーチする

ブランドは、TVコンテンツのストリーミング以外でもオーディエンスとつながることができます。たとえば、2020年のホリデーシーズン中、Amazon Musicの広告対応層の視聴は、クリスマスの時期に急増しました。7 今年のホリデーシーズンにオーディエンスはお気に入りの音楽を聴くので、ブランドは音声広告を通じてホリデーシーズンの駆け込み購入者にリーチすることを検討できます。オーディエンスが自宅でクッキーを焼いていても、ホリデーに向けた用事で出かけていても、音声広告はブランドがホリデーシーズンの購入者に画面を見ていないタイミングで働きかけるのに役立ちます。

ブランドを認知している購入者との機会を増やす

音声広告と動画広告を通じて認知度を高めたら、ブランドはカテゴリー内でアピールすることにより、駆け込み購入者の検討を促進することもできます。Amazon Liveを利用すると、ブランドはインタラクティブな購入機能付きライブストリームを通じて、リアルタイムで購入者に働きかけ、検討を促すことができます。ブランドはAmazon Liveを通じて、自信を持って購入の決定を行うために必要な情報を購入者に提供できます。さらに、Amazon Liveは、ブランドが自社の価値観、ミッション、ストーリーを伝えるのに役立ち、ホリデーシーズンの駆け込み購入者にインスピレーションを与えるのに役立ちます。

最適なギフトを購入したいと思っているオーディエンスに再び働きかける

今年のホリデーシーズンに、ブランドには新しいお客様にリーチするだけでなく、既存のお客様に再び働きかけることを検討するようお勧めします。コンバージョン後でも、ブランドが既存のお客様とつながって、ロイヤルティを高めるのをサポートする機会や、駆け込みでギフトをまだ購入していない人にリーチする機会もまだあります。ホリデーマーケティングでスポンサーディスプレイ広告を使用すると、ブランドについてすでに知っているオーディエンスに再び働きかけることができます。お客様がギフトをリサーチしているとき、オンラインには多くの商品選択肢があるため、すでに見た商品を覚えていない可能性があります。スポンサーディスプレイ広告を使用したリマーケティングは、閲覧中に商品を見つけたオーディエンスにとって最初に思い浮かべるブランドであり続けるのに役立ちます。

ホリデーシーズンの駆け込み購入者は適切な商品を探すため、ブランドは購入プロセスをはるかに簡単にするチャンスがあります。ストリーミングTV広告、音声広告、Amazon Live、スポンサーディスプレイ広告などのAmazon Adsソリューションを活用することで、ブランドは、購入者が今年のホリデーシーズンに最適なギフトを見つけるのをサポートするために、リーチし、働きかけ、検討を促すことができます。

1 Amazon Internalデータ、米国、2020年。
2「How retailers can start planning for the 2021 holiday season」、E-marketer、米国、2021年。
3 Kantar Quickfire調査、米国。2019/2020年の第4四半期のホリデーシーズン中に買い物し、2021年にも買い物をする予定の500人の回答者。
4 Amazon Internalデータ、米国、2020年。
5 Kantar Quickfire調査、米国。2019/2020年の第4四半期のホリデーシーズン中に買い物し、2021年にも買い物をする予定の500人の回答者。
6 Ipsos調査、Amazon Ads、米国、2020年。
7 Amazon Internalデータ、米国、2020年。