unBoxedで近日公開予定: ストリーミング時代の台頭

2021年9月23日 | 投稿者: Matt Miller氏、シニアコピーライター

食料品の買い物からエンターテインメントまで、日常生活をシンプルにするテクノロジーを求める人々は増加の一途をたどっています。2021年2月には、インターネット対応のTV接続デバイスを備えた米国の世帯数は77%に達し、前年比で4%増加しました1。消費者の行動が変化するのに伴い、ストリーミングの時代への移行が加速しています。

「これまで以上に多くの人が、より多くの場所でより多くのコンテンツを視聴しています」とAmazonの効果測定サクセス部門の責任者、Maggie Zhangは述べています。「現在8200万世帯以上がOTTをストリーミングしています。これは、1か月で平均して100時間のコンテンツを視聴していることになります」2

映画、番組、ニュース、スポーツ、ゲームなどのストリーミングサービスを利用する顧客が増えているため、急速に変化する環境のどこでコンテンツを楽しんでいるにしても、オーディエンスを満足させる方法をブランドが理解することが重要です。18歳から64歳までの3,000人のアメリカ人を対象としたAmazon AdsとIpsosの最近の調査によると、回答者の64%がコネクテッドコンシューマー(つまり、スマートTV、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイスなどのスマートメディアデバイスを月に少なくとも1回は使用していると自己報告した回答者)とみなされます3。この調査によると、これらのコネクテッドコンシューマーは、自身をコネクテッドコンシューマーとは思っていない人よりも高い平均手取り年収があり、かなりの購買力を持っています。

Amazonの戦略的思考のリーダーたちが、10月26日から27日にかけて行われるAmazon Adsの年次カンファレンスであるunBoxedで、ストリーミング状況について話し合います。これらのセッションでは、ストリーミングサービスで急増するオーディエンスとブランドのつながりを強化するために役立つトレンド、ヒント、ツールについて取り上げます。

quoteUpAmazon Adsでは、お客様にリーチでき、インサイトが得られるだけではありません。最も重要なのは、広告が機能していることを実際に確認できる測定ツールが用意されているということです。quoteDown
- Suzanne Ginestro氏、最高マーケティング責任者、Quest Nutrition社

ブランドはストリーミングオーディエンスとどのようにつながりを持っていますか?

ストリーミングオーディエンスが増え続けている今、ブランドはこれらの視聴者にリーチするための革新的な方法を見つけています。Quest Nutritionは、Amazon AdsのストリーミングTV広告の使用を開始しました。これは、ブランドの認知度の向上を大規模に図るとともに、関連するオーディエンスにリーチすることを目的としています。このために、Amazonのファーストパーティのオーディエンスインサイトと測定ツールを使用しています。

「Amazon Adsでは、お客様にリーチでき、インサイトが得られるだけではありません。最も重要なのは、広告が機能していることを実際に確認できる測定ツールが用意されているということです」と、Quest Nutrition社の最高マーケティング責任者であるSuzanne Ginestro氏は述べています。Quest Nutritionが実施した最近のストリーミングTV広告キャンペーンでは、前月と比較して、ブランド商品検索ワードは8.5倍に増加し、商品詳細ページビューは49%増加しました4

ブランドはまた、Twitchでオーディエンスとつながる方法を見つけています。Twitchでは、毎日平均3,000万人の視聴者がクリエイターのライブストリームゲーム、ポッドキャスト、メイクアップのチュートリアル、スポーツ、コンサート、料理番組などを視聴しています5。そして、そのオーディエンスは常に拡大しています。

「世界中の700万人を超えるストリーマーが毎月ジャンルを超えてコンテンツを作成しています。そのため、アピールするコンテキストに関係なく、オーディエンスに簡単にリーチできます」と、Twitchのセールス責任者であるSarah Iooss氏は述べています。「そして、このオーディエンスは増え続けています。実際、昨年だけで(ほぼ)倍増しました」

ブランドはこのサービス上でクリエイターとコラボレーションすることにより、Twitchへのエンゲージメントが高く、かつ緊密に結びついたコミュニティとつながることができます。Twitch Research Power Groupの最近の調査によると、Twitchの視聴者の46%がお気に入りのTwitchクリエイターがプロモーションしているのを見た後にその商品を購入したことがあると回答しています6。また、この調査によると、39%の視聴者がお気に入りのクリエイターを友達のように考えていることが判明しています7。たとえば、Twitchのインフルエンサーで、「DuckyTheGamer」と呼ばれるSam Hatch氏は、SamsungやGFUELなどの企業とブランドパートナーシップを構築してきました。

IMDb TVは、ブランドがストリーミングオーディエンスをつながる有望な場所としても登場しました。

Amazonによる無料の広告対応ストリーミングサービスであるIMDb TVを使用すると、お客様は人気のテレビ番組やハリウッドのトップヒットをFire TVのIMDb TVアプリ、さまざまなサードパーティ製デバイス、iOSおよびAndroidモバイルデバイス、Prime Videoアプリ内で視聴できます。最近の調査で、IMDb TV視聴者の43%、つまりほぼ半数が有料TVサービスに加入していないと回答しており、これは米国の一般人口と比較しても25%多い数です8。そのうちの26%がコードカッターであり、17%がコードネバーです9。IMDb TVなら、広告主様は従来のリニアテレビの視聴者を超えて、無料でTVを視聴しているオーディエンスへのリーチを効果的に拡大できます。

ブランドがストリーミングオーディエンスとのつながりを強化するための方法について詳しくは、10月のunBoxedにご参加ください。

1 The Nielsen Total Audience Report、2021年3月
2 Comscore、State of OTT、2021年
3 Amazon Connected Consumers調査、2021年7月
4 広告主様提供データ、米国、2020年
5 Twitch社内データ。
6 Twitch Research Power Group(RPG): ソーシャルメディアの行動調査、2021年
7 Twitch Research Power Group(RPG): ソーシャルメディアの行動調査、2021年
8 GfK Simmons、2020年
9 GfK Simmons、2020年