Amazonコネクテッド音声のお客様: Amazon音声広告でユニークなオーディエンスに働きかける

2022年1月20日 | 投稿者:Dora Wang、コンテンツマーケティングマネージャー

「音声はいつでもどこでも存在する」

これは、Amazon音声広告プロダクトマーケティングリーダーであるPatrick Givensが、Amazon AdsのunBoxedカンファレンスで語った言葉です。このカンファレンスでは、1日のあらゆる場面で、オーディエンスが音声コンテンツに接する機会がある(多くの場合、スクリーンなしの状態)ことを強調しました。一例として、Edison Researchのシェアオブイヤー調査の2021年第1四半期版によると、ストリーミング音声は2014年以降64%増加しています。1 私たちの日常生活で、音楽をストリーミングしたり、ニュースを聞いたり、スマートホームデバイスで音声コマンドを使用したりするときに音声が存在します。

Amazon Adsで音声広告の効果測定とリサーチを担当するGivensとAlyson Spragueは、Amazon AdsとIpsosが最近実施した調査の結果を共有しました。米国の3,000人の回答者を調査し、コネクテッドコンシューマー(コネクテッドデバイスを使用するユーザー)と使用しないコンシューマーの違いを理解しました。

コネクテッドコンシューマーのオーディエンスには、少なくとも月に1回はAlexa搭載デバイスの使用を報告したお客様のグループが含まれます。調査の結果、Amazonコネクテッド音声のお客様と呼ばれるこれらのAlexaユーザーは、デモグラフィック、メディア行動、ショッピングの好みにおいて独特であることがわかりました。

Amazonコネクテッド音声のお客様の属性

Amazonコネクテッド音声のお客様は通常、より裕福で、平均的な消費者よりも高い購買力を生み出すライフステージにいる若年層の成人です。彼らの29%が毎日オンラインで購入していると報告しています。当然のことながら、これらのAlexaユーザーは、測定されたすべてのカテゴリーで、一般人口と比較して購入の可能性が平均30%も高くなっています。2

調査によると、Amazonコネクテッド音声のお客様は、スマートTVを所有する傾向が一般人口よりも48%高く、ウェアラブル、スマート掃除機、WiFi対応サーモスタット、スマートペット商品、スマートカー、照明など、他のスマートデバイスを所有している傾向が2倍以上になります。

また、この調査で、Amazonコネクテッド音声のお客様は、少なくとも週に1回は音声をストリーミングする傾向が一般消費者よりも32%高く、ソーシャル音声サービスで音声とソーシャルメディアの新しいイノベーションを採用している可能性は一般消費者よりも64%高いことがわかりました。

Amazonコネクテッド音声のお客様が広告にどのように反応するか

Amazonコネクテッド音声のお客様の3分の1以上(38%)が、スマートデバイスで配信される広告に最も注意を払っていると回答しており、従来のテレビ(30%)、家庭外広告(17%)、インストア広告(14%)を大幅に上回っています。

これらのAlexaユーザーは、一般の消費者と比較して、ストリーミング音声の広告に最も注目する傾向が21%高くなっています。

言い換えると、スマート音声は、テクノロジーに精通したこれらの消費者にリーチするための重要なチャネルです。

方法だけでなく、内容も重要です。音声マーケティングを通じて消費者に働きかけるには、適切なオーディエンスに合わせて適切なメッセージを準備することが大切です。Amazonの調査では、Amazonコネクテッド音声のお客様は一般の消費者と比較して、コンテキストに即してカスタマイズされた広告コンテンツを最大35%高く評価していることがわかりました。

Amazon音声広告が消費者に働きかける方法

Amazon音声広告は、関連のある広告でリスナーに働きかけるのに役立ちます。デモグラフィック構成、ライフスタイル、音楽のジャンルの好み、またはブランドの商品やサービスへの潜在的な関心を示すインマーケットのショッピングシグナルに基づいて、オーディエンスにリーチできます。

Amazon音声広告キャンペーンの内部調査で、デモグラフィックと行動シグナルの両方に基づいてオーディエンスにリーチした結果、ブランドの検索率はデモグラフィックなオーディエンスにのみリーチするよりも50%高いことがわかりました。3

オーディエンスが広告を聞いてから、どのようにしてオーディエンスのエンゲージメントを維持しますか? Amazonコネクテッド音声のお客様のうち39%が、音声のコールトゥアクション(CTA)が提供される場合、広告に反応する可能性が高いと答えています。

これまでも、ブランドはAmazon音声広告に音声CTAを追加するオプションがありましたが、お客様は関心のある広告をさらにシンプルな方法で活用できるようになりました。インタラクティブ音声広告なら、Alexa搭載デバイスで広告付きAmazon Musicを利用しているお客様が、Alexaに「後で思い出させて」、「さらに詳しく教えて」、「カートに入れて」と言うだけです。 Alexaは広告の商品を特定してカートに追加したり、関連するリマインダーを設定したりします。この体験は非常にシンプルで、お客様が好きなタイミングで音声広告とのエンゲージメントを構築するためのスムーズな方法を提供しています。これは現在、米国の広告主様向けの限定ベータ版です。

また、Amazon Musicの広告サポート枠を超えて、Amazon音声広告を拡大しています。たとえば、Amazon Publisher Services(APS)と連携して、広告主様が音楽やラジオのトップパブリッシャーによるプレミアムなサードパーティ音声サプライにリーチを拡大できるようサポートしています。APS経由のAmazon音声広告は現在ベータ版です。詳細については、音声広告パートナーマネージャーまたはAmazon Adsアカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

1 Edison Research、2021年、米国
2 Amazon AdsおよびIpsos、2021年、米国
3 Amazon Internalデータ、2021年、米国