ストリーミングを取り巻く移り変わりの激しい状況の中でブランドが注目を集める方法は以下のとおりです

2021年11月24日 | 投稿者:Matt Miller氏、シニアコピーライター

今日のオーディエンスには、かつてないほど多くのエンターテイメントオプションがあります。2021年のレポートによると、アメリカ人は現在、平均して4つのストリーミングサービスに登録しています。10月のStatistaレポートによると、米国の消費者の78%がサブスクリプションビデオオンデマンドサービスを利用しており、過去5年間で25%以上増加しています。一方、米国の消費者は毎日平均8時間のコンテンツをストリーミングしています

さまざまなサービスで利用できるコンテンツが非常に多いため、「消費者は視聴体験を選択し制御できることを求めています。その選択を提供できるエンターテイメントプロバイダーは、この消費の変化から最大の利益を得ているプロバイダーです」とTwitchの販売パートナーシップ担当責任者であるJesse Shawは先月のAmazon AdsのunBoxedカンファレンスで述べました。

Unboxedで、ShawとIMDb TVオリジナルのシニアブランデッドエンターテイメントパートナーマネージャーであるEdwina Cumberbatchは、プレミアムコンテンツをすでに楽しんでいるオーディエンスとつながるためのクリエイティブな方法を見つけることを検討するのがブランドにとって重要である理由を説明しました。Amazonにとって、これは「常にお客様を第一に考えて、お客様のニーズを満たし、ストリーミング体験を向上させる優れた体験を提供するように取り組むこと」を意味しているとCumberbatchは述べました。

Unboxedのセッション中に、ShawとCumberbatchはIMDb TVTwitchがお客様とブランドの両方にシームレスな体験を提供するために取り組んでいる方法を紹介しました。

オーディエンスが求めるIMDb TVコンテンツと共にエンゲージメントを高める広告を作成する

IMDb TVは、TV番組と映画のコレクション、IMDb TVオリジナル、リニアチャネルを提供しています。このサービスは、Fire TV上、RokuやXboxなどリビングルームのいくつかのサードパーティ製デバイス上、iOSおよびAndroidモバイルデバイス上のスタンドアロンアプリとして、またPrime Videoアプリを通じてAmazonプライム会員と非プライム会員が利用できます。

quoteUp当社は現代版のネットワークを作成し、ブロードキャストのオーディエンスが楽しめる、人気があり、幅広く魅力的なコンテンツ、ケーブルのオーディエンスに求められる独創的で満足のゆくストーリーテリング、ストリーミングのオーディエンスに期待されるオンデマンドのカスタマイズされた体験を提供しています。quoteDown
– Edwina Cumberbatch、シニアブランデッドエンターテイメントパートナーマネージャー、IMDb TVオリジナル

この体験の一環として、IMDb TVは、単に30秒のコマーシャルスポットだけでなく、オーディエンスとのつながりを深めるためのさまざまな方法をブランドに提供しています。スポンサーシップの機会により、ブランドはホリデー、アワードシーズン、プライド月間や黒人歴史月間などの文化的時期といった季節イベントに合わせることができます。IMDb TVは、ブランドが邪魔にならない方法で視聴体験と統合できるブランド統合も提供しています。

「新車の発売時にメインキャラクターに車を乗り回してほしいと考えている自動車ブランドでも、(メインキャラクターに)友達とおしゃべりしながら飲み物のボトルを飲んでほしいと考えている食品・飲料会社でも、IMDb TVオリジナル内での統合により、体験を向上させる視聴者との1対1のつながりが生まれると同時に、ブランドについて知ってもらい、ブランドの認知度を高めることができます」とCumberbatchは述べています。

Twitchでカスタムストーリーテリングを再定義する

Twitchも、オーディエンスとブランドにエンゲージメントを高める体験を提供することに取り組んでいます。Twitchには世界中に700万人以上のストリーマーがおり、毎日サイトを訪れる平均3,000万人以上の視聴者のオーディエンスのためにジャンルを超えて毎月コンテンツを作成しています。1

quoteUpTwitchは、ストリーマーを介して本格的で関連性の高いコンテンツを配信し、視聴者にインタラクティブな体験を提供することで、視聴体験を再定義しています。quoteDown
– Jesse Shaw、販売パートナーシップ担当責任者、Twitch

「これにより、ブランドが当社のサービスを活用して、本格的で広告体験に付加価値をもたらす方法で、ミレニアル世代および成人のZ世代のオーディエンスにリーチする絶好の機会が生まれます。」

Shawは、プリングルズがゾンビゲーム「West of Dead」のキャラクターを現実世界に持ち込み、人気のあるTwitchクリエイターと交流した1つの例を紹介しました。ライブストリーム中、キャラクターFrank the Zombieは画面から這い出して、クリエイターとそのオーディエンスと一緒に過ごしました。このキャラクターは2週間実施された30秒の広告スポットにも登場しました。

「プリングルズは、オーディエンスに確実にリーチするためには、ルールに従って行動し、オーディエンスの言葉で話す必要があることを理解していました」とShawは述べています。「プリングルズは、カスタムコマーシャルと当社の人気クリエイターが出演するカスタムストリームの組み合わせを活用することで、広告に適切なトーンとメッセージを入れ、視聴体験に付加価値をもたらし、視聴者を驚かせ、喜ばせ、その過程で大量のポジティブなアーンドメディアを獲得しました。」

これが、視聴者にプレミアムコンテンツを提供すると同時に、ブランドに本物の機会を生み出す力です。

「プレミアムコンテンツへの統合から、ストリーマーとの本格的なつながりまで、ブランドがオーディエンスにリーチし、エンゲージメントを高める方法は非常にたくさんあります」とCumberbatchは述べています。「マーケティング担当者として、ブランドがメディアミックスを多様化して、オーディエンスがいる場所やコンテンツを利用したい場所でオーディエンスにリーチすることが不可欠であることを理解しています。1つのサービスやメディアに多額の投資をするだけでは不十分です。これだけでなく、メッセージは信頼できるものであり、それを受け取るオーディエンスに対応したものであることが必要です。」

1 Twitch社内データ、2020年