動画マーケティングの主なメリット

2021年1月21日 | 投稿者:Rebecca Fontana、シニア編集マネージャー

Amazon Adsのサポートにより、マーケティング担当者は、より幅広いオーディエンスにリーチし、関連性の高いブランドの好機を生み出すのに役立つ動画広告キャンペーンを作成できます。ブランドは動画広告のパフォーマンスを測定し、静的な広告と比較することもできます。Amazon Adsの動画のプロダクトマーケティング担当シニアマネージャーであるRanji Bissessarが述べる動画マーケティングの4つのメリットをご紹介します。

今年、米国の成人はデジタル動画を1日あたり2時間半(2時間29分)視聴するでしょう。1また、来年には全世界のインターネットトラフィックの82%が動画ストリーミングによるものになると予測されています。2「消費者の3分の2は、商品やサービスについての情報を読むよりも、動画を見て知ることを好みます」とBissessarは述べています。3広告主様にとって、これは大きなチャンスとなり得ます。

動画の視聴率が増えているので、お客様がどこでどのようにこれらの動画を視聴しているかに注目することには価値があります。広告主様は、デスクトップとモバイルデバイスの両方での視聴を考慮して、動画クリエイティブがすべてのフォーマットとディスプレイサイズ向けに最適化されていることを確認する必要があります。ここでは、最新の動画広告のトレンドと、ブランドが関連性の高い、訴求力のある動画広告を作成する方法をご紹介します。

1.ストリーミングTV広告は幅広いオーディエンスにリーチできる

マーケティング担当者が検討すべき動画広告の種類の1つに、ストリーミングTV広告があります。これは、デバイスでストリーミングされる長い動画です。これらのフルスクリーン広告は、映画、テレビ番組、スポーツイベント、ライブストリームの前または途中に再生できます。これには、ネットワークアプリとブロードキャストアプリの両方での番組も含まれます。AmazonのストリーミングTV広告とTwitchは、月間1億3,500万人以上の米国の重複しないお客様にリーチできます。4 さらに、ストリーミングTV広告は既存の広告ミックスとうまく連携します。「当社の調査によると、ディスプレイ広告、スポンサーブランド動画広告、AmazonストリーミングTV広告を併用した広告主様は、商品詳細ページの閲覧率が平均で88%増加し、購入率が90%増加しました」とBissessarは述べています。5

2.インタラクティブ動画広告でオーディエンスにはたらきかける

インタラクティブ動画広告は、さらに一歩進んで、オーディエンスがブランドを見つけられるようにサポートし、お客様がブランドに直接反応を示すよう促します。Fire TVのIMDb TVのインタラクティブ動画広告を使用すると、お客様は音声またはリモコンを使って商品を閲覧したり購入したりできます。その他のインタラクティブ広告ソリューションには、インタラクティブ音声広告が含まれます。これは、広告対応のAmazon Music内の10~30秒間の音声広告です。これらの広告とインタラクティブ動画広告はどちらも、TVや音楽体験を妨げることなく商品を購入するよう購入者に促すことができます。

3.クリエイティブ動画広告でブランドプレゼンスを高める

動画広告の作成にはさらに多くのオプションがあります。たとえば、Amazonのストア向けの動画があり、サードパーティのサイトやアプリで共有される動画広告は、お客様が時間を費やすあらゆる場所でリーチするための方法です。「これらの動画は、利用者の声、商品の説明、ハウツー動画にまで及び、すべてが1つにまとめられています」とBissessarは述べています。クリエイティブな広告フォーマットとスタイルは、ブランドのプレゼンスを拡大するのに役立つ可能性があり、記事やTVに表示されたり、他の動画に埋め込まれたりします。

4.動画広告のKPIは成功を測定できる

Amazon Ads動画ソリューションは、ブランドが成功を測定するのに役立つ広告キャンペーンの詳細を提供します。広告の動画再生完了率(VCR)を確認することにより、マーケティング担当者は、オーディエンスの反応と広告が獲得している潜在的な関連性に関するインサイトを得ることができます。BissessarがAmazonのストアに出品しているブランドに対して確認することを推奨した他の2つの注目すべきパフォーマンス指標(KPI)は、ブランド検索とブランド新規顧客指標です。これらの指標は、広告をショッピングアクションにリンクさせ、以前はブランドに反応しなかった購入者でブランドが受け取った露出度のレベルを示すのに役立つ可能性があります。これらの指標は、広告キャンペーンに起因するブランドの認知度の向上を測定するのに役立ちます。

動画広告は、動画をストリーミングしている視聴者や、新しいお客様になる可能性のある視聴者にとって非常に興味深いものになり得ます。ストリーミングに費やす時間は、動画広告を共有する機会を提供します。クリエイティブな体験、インサイト、効果測定ツールを適切に組み合わせることは、ブランドがより関連性の高い広告をオーディエンスに配信するのに役立つ可能性があります。そのため、新しいブランドを紹介するか、既存のお客様による反応を高めるかに関わらず、動画広告が解決策になる可能性があります。

1 eMarketer: Digital Video Trends Q2 2021
2 Cisco Visual Networking Indexのハイライト
3 Wyzowl: The State of Video Marketing 2021
4 リーチとは、Amazonの広告サポート対象のストリーミングTVコンテンツとTwitchにおいて、どのデバイスについても重複しない米国の視聴者と定義されています。Amazon Internal、2020年
5 Amazon Internalデータ、米国、2021年