2021年の新学期の買い物傾向を活用する方法

2021年9月13日

新学期までの月は、家族にとってもブランドにとっても重要な時期です。夏の終わりには、多くのお客様が毎年恒例の新学期の買い物を行っています。これは、ブランドがオーディエンスとつながる絶好の機会です。Amazon AdsとKantarの最近のデータに基づいて、2021年の最も注目すべき新学期の買い物およびマーケティング傾向をいくつかご紹介します。

新学期シーズンによく見られる買い物の習慣

親は再評価の期間に入る

新学期の買い物の期間は、多くの購入者にとって、何を購入するか、そしてなぜ購入するかの両方を考え直す時期です。新年度は、これから始まる学校生活の前に、親と子供が新たなスタートを切る時期です。新学期になると親は、リセットする時間を取るよう促されます。71%の親が子供のスケジュールを見直すと述べ、59%の親が購入するブランドを見直すと述べています。1 この時期に購入者に上手にはたらきかけるブランドは、お客様に情報を提供し、売上と認知度の両方を高めるのに役立つ可能性があります。

忙しいスケジュールが消費者の習慣を形作る

新学期は親にとって慌ただしい時期になる可能性があります。両親は「本業」に加えて、子供が学校に通う期間中には子供の世話、教育、家事などに週52時間を費やしています。2忙しい学校生活に向けて、買い物の習慣は大きく変化します。これは、新学期期間中にAmazonストアの若者向けアパレルカテゴリーの新規購入者が前月に比べて28%増加したことに反映されています。3さらに、購入者の70%が、買い物を始める時点ではまだブランドを決めていないと述べています。4

お客様はコストよりもニーズを優先する

お客様は、新しいブランドを試したり新しい買い物をしたりすることに積極的で、自分のニーズを満たすブランドを見つけたいと思っています。お客様は、2020年の新学期の買い物に、2019年の同期間と比較して26%多い約1,020億ドルを費やしました。5 ブランドは、この時期にお客様が求めているものを分析して提供することで、新学期の買い物のショッピングジャーニー中のお客様と出会える可能性があります。

オンラインショッピングとブランドロイヤルティへの関心が高い

昨年の出来事は、あらゆる活動でより多くのスクリーンタイムを生み出しました。ショッピングも例外ではありません。Kantarの調査によると、調査対象となった新学期の買い物の購入者の70%が、2021年にはオンラインで新学期の買い物をする予定です。6 親はオンラインショッピングが自分たちにとって便利だと感じています。購入者の10人中4人がこれをオンラインショッピングの最大の理由として挙げています。7 新学期の買い物傾向のこの変化を認識しているブランドは、デジタル領域でのマーケティング活動に力を入れることでメリットを享受できます。

また、新学期の期間中に購入者にリーチすることで、リピート購入を促進するのに役立ちます。Amazonのお客様の19%が、以前の新学期の期間中に購入したブランドからのリピート購入を選択しています。8 この時期に買い物客とつながることで、購入者の関心を再び引き起こさせ、常に最初に思い浮かべるブランドになり、最終的にはブランドロイヤルティを構築する機会があるため、将来的にブランドにさらに多くの成果をもたらす可能性があります。

新学期シーズンに関する要点

新学期シーズンは、関連性の高いブランドが関連性の高いオーディエンスにはたらきかける有意義な機会を生み出します。購入者は新学期シーズンに新しいブランドからの購入が増えるため、夏の終わりは、特にデジタル分野で、お客様に働きかけてブランドの認知度を高める理想的な時期です。Kantarが調査した新学期の買い物の購入者の47%が、Amazonを新学期の買い物の優先ショッピング先として検討する可能性が高い/非常に高いと回答しています。9

Amazon Adsでブランドを紹介する方法

スポンサー広告、お客様が時間を過ごすあらゆる場所でのディスプレイ広告動画広告音声広告など、Amazon Adsのブランドソリューションを使用してブランドの認知度を高め、検討を促進する方法の詳細をご覧ください。すでにあなたのカテゴリーを閲覧しているお客様にリーチしたい場合でも、新学期の購入者に向けて商品やブランドの認知度を高めたい場合でも、当社の広告プロダクトは適切な場所でブランドを目立たせるのに役立ちます。また、動画再生完了率(VCR)やブランド検索数などの主要な指標を提供し、目標に向けた計画と最適化を支援します。今すぐアカウントエグゼクティブに問い合わせるか、サイトにアクセスして広告を始めましょう。

1 KantarおよびAmazon Advertising、キッズファッションに関する調査、2021年5月
2 BCG、米国の働く親たち、2020年7月
3 Amazon Internal、2年間のブレンディッドディストリビューション、2018~2019、7月/8月の平均対6月
4 KantarおよびAmazon Advertising、ファッションオーディエンスに関する調査、2020年
5 Statista、2020年。「2020年の米国における新学期および大学新年度の予定合計支出」
6 Kantar Quickfire調査、米国。2019年または2020年における新学期の購入者で、2021年に新学期の買い物を計画している500人の参加者: 参加者は、「今年、新学期の買い物をどのくらいオンラインで行いますか?」と尋ねられました。 提示されている結果は、2021年に新学期の買い物をある程度オンラインで行うことを計画している人です。
7 KantarおよびAmazon Advertising、ファッションオーディエンスに関する調査、2020年
8 Amazon Internal、2020
9 Kantar Quickfire調査、米国。2019年または2020年における新学期の購入者で、2021年に新学期の買い物を計画している500人の参加者: 参加者は次のように尋ねられました: 「今年、新学期の買い物の予算のどれくらいをAmazon内で使いますか?」