Amazon Freeveeウェルカムスクリーンにより、ブランドはストリーミングオーディエンスにあいさつできます

2022年8月9日

Amazon Freeveeウェルカムスクリーン(ベータ版)により、ブランドはストリーミングオーディエンスにあいさつできます

ブランドと広告代理店様をサポートするための継続的な取り組みの一環として、Amazon Adsは新しい広告商品であるFreeveeウェルカムスクリーンを導入します。Freeveeウェルカムスクリーンは、Fire TVでFreeveeアプリを起動する時に、お客様に全画面表示の7秒間のエクスペリエンスを提供します。ブランドのカスタムクリエイティブは、お客様に対して1日に1回、月に最大7回表示される、標準のロード画面に代わるものです。結果として、Freeveeのお客様がアプリを起動する際に、強いインパクトを与える、楽しいエクスペリエンスでブランドを紹介するユニークな機会を広告主様に提供できるようになりました。

Amazon Freevee(旧IMDb TV)は、お客様が無料のプレミアムストリーミングコンテンツを見つけるための主要な目的地の1つになっています。広告対応の動画オンデマンドサービスは、過去2年間に月間アクティブユーザーの数が3倍になるなど、驚異的な成長を遂げています。この成長は、リビングルーム対応デバイスとモバイルへの迅速な配信、オリジナル作品が前年比で70%増加したこと、極めて人気の高い映画やテレビ番組からなる常時更新されるライブラリ、75を超える無料の広告対応TVチャネルによってもたらされました。

Freeveeウェルカムスクリーンは現在クローズドベータ版の段階であり、今年の終わりまでにオープンベータ版が予定されています。Amazonは、WPPのメディア投資グループのGroupMと協力して、最初の広告主を立ち上げました。

「クライアントがブランドの認知度を向上させ、エンゲージメントを築くのに役立つ新たな方法を、Amazon Adsと協力して開発できるのはとてもエキサイティングな経験です」とGroupMのチーフデジタル投資責任者であるSusan Schiekofer氏は述べ、次のように続けます。「Amazon Freeveeは、プレミアム広告対応コンテンツをお客様に配信することに重点を置いており、ブランドがそれらのオーディエンスと本物のつながりを築くのに役立つテクノロジーによって補完されています」

GroupMのクライアントであるDellとLincolnはすでにベータ版に参加しており、ごく最近ではsmartwaterが新たにFreeveeウェルカムスクリーン広告を掲載しました。

Water PortfolioのCoca-Colaグループディレクターの、Ulises Ramirez氏は次のように述べています。「Freeveeウェルカムスクリーンは、smartwaterが理想的なオーディエンスにブランドストーリーを紹介できるようにする独創的な商品です」続けてこう語っています。「Amazon AdsとGroupMのコラボレーションスピリットと、このプログラムの初期段階に参加するチャンスをいただけたことに感謝しています」

オープンベータ版に参加する機会にご期待ください。ストリーミングTV広告を通じてブランドがどのようにオーディエンスにリーチできるかについて詳しく見る。