Agency Amazingが、ブランドがショッピングジャーニー全体でどのように広告戦略を最適化できるかを紹介

2022年7月19日 | 投稿者: Gabriella Kursman、マーケティングマネージャー

Di Wu氏、Jellyfishのデータサイエンス担当副社長

Mariví Hernandez-Ros氏、Agency Amazingの共同創設者

Agency Amazingは、広告の専門知識を通じて、ブランドのグローバルな事業拡大と成長を支援します。認定された専門チームを通じて、クライアントの小売およびAmazon Adsキャンペーンを管理し、クライアントの目標を達成します。

Agency Amazingの共同創設者であるMariví Hernandez-Ros氏と対談して、スポンサー広告とAmazon DSPを使用してクライアントの広告戦略を最適化し、ビジネス目標の達成を支援する方法についてのインサイトを入手しました。

新しいクライアント向けにどのAmazon Ads商品を使用しますか? いつ他の広告商品を紹介しますか?

新しいクライアントで使用するフォーマットを選定する前に、商品の成熟度を判断する必要があります。新商品なのか、成熟段階にある商品なのか、それともすでに成長が鈍化している商品なのかを特定する必要があります。一方、有名ブランドと提携しているのか、もしくは認知度の向上が必要とされる、小規模な新興ブランドと提携しているのかを評価しなければなりません。
出発点として、私たちは通常、スポンサー広告を使用します。これにより、Amazonストアでクライアントのカテゴリーを閲覧している見込み客にリーチする機会がもたらされます。ブランドが売上などのファネル下位の目標を達成することに関心を示している場合、スポンサープロダクト広告が出発点として最適です。私たちは、スポンサーブランド広告スポンサーブランド動画広告のフォーマットを使用して、クライアントのカテゴリー内の認知度を高めていますが、これらの広告商品で売上比率の向上にも成功しています。最後に、スポンサーディスプレイ広告では、クライアントの商品詳細ページの商品カードや、商品カテゴリー内の他の商品ページにブランドを掲載することができます。

特定のカテゴリーで目標を達成したら、Amazon DSPキャンペーンを組み込んで、Amazon内外の見込み客にリーチします。

キャンペーンで互いに補完するために、Amazon DSPとスポンサーディスプレイ広告をどのように使用しますか?

出発点として、Amazon DSPキャンペーンは、現在ブランドのカテゴリーを閲覧していないものの、ブランドのカテゴリーに関心を示している可能性のある見込み客を引き付けられるように設定されています。これらのオーディエンスをブランドの商品詳細ページに誘導して、対象のページへの訪問数を増やし、コンバージョンの可能性を高めるのをサポートします。出品カテゴリーに興味はあるものの、積極的に閲覧していない購入客にリーチすることに焦点を当てる場合、どのオーディエンスが最も適しているかをリサーチします。これには、Amazonオーディエンスを使用して、サードパーティのオーディエンスで補完し、パフォーマンスの調査結果に基づいてオーディエンスを最適化することも含まれます。

また、自社商品にアクセスまたは購入したオーディエンス、および類似商品にアクセスまたは購入したオーディエンスを対象としたスポンサーディスプレイ広告によるリマーケティングの機会についても検討します。Amazon DSPとスポンサーディスプレイ広告の組み合わせにより、新規の見込み客にリーチし、キャンペーンインプレッションのコンバージョン率を高めることができます。

ショッピングジャーニー全体で目標を設定したキャンペーンで、Amazon DSPを使用していますか? もしそうなら、ファネル全体のブランド目標をどのように測定しますか?

Agency Amazingでの私たちの経験により、Amazon DSPが販売ファネル全体をカバーできます。Amazon DSPにより、ブランドの成長を促進することを目的とした注目すべきパフォーマンス指標(KPI)を使用して、認知度向上のキャンペーンを実施できます。これらのKPIには、インプレッション数やユニーク顧客数を含めることができます。また、ファネル下位の検討または購買意図の目標に移行して、商品詳細ページの閲覧数の目標に取り組むこともできます。最後に、マーケティングファネル最下位の売上目標まで進みます。ここでは、インマーケットオーディエンスまたはリマーケティングのオーディエンスとの購入に既に関心のあるオーディエンスにリーチするようキャンペーンを設定することに重点を置きます。

Amazon DSPを始めたばかりの広告主様にお勧めすることは何ですか?

Amazon Adsがキャンペーンに合わせて調整し、新しいより最適化されたオーディエンスにリーチできるようにするオーディエンスオプションについて、積極的に検討することをお勧めします。Amazonオーディエンスには、Amazonのファーストパーティのストリーミングシグナルとショッピングシグナルに基づいて作成されたオーディエンスセグメントが含まれます。広告主様には、Amazon DSPまたはスポンサーディスプレイ広告で作成されたキャンペーンについて、これらのオーディエンスを使用することをお勧めします。