広告主様がブランドの成長に役立つ広告クリエイティブパフォーマンスを向上させるために3ステップのブループリントを活用すべき理由

2021年12月21日 | 投稿者:Carly Kahan、コンテンツスペシャリスト

広告主様は常に、インパクトを生み出してブランドを成長させるための説得力のある方法を模索しています。ブランドが成長および測定可能なインパクトを促進する重要な方法の1つは、広告クリエイティブパフォーマンスによるものです。Amazon Adsは、広告主様が広告クリエイティブの決定を通知し、最終的にパフォーマンスを向上させるために利用できるインサイトとテストオプションを提供します。

平均的な消費者の場合、ソーシャル、TV、ニュースサイトなどのさまざまなチャネルで、「1日平均6,000件の広告と、毎年25,000件以上の新商品を目にしています。1ブランドは、消費者があらゆる商品およびサービスカテゴリーで利用できる選択肢の急増に対処できるようサポートします」と、Amazon Ads動画プログラムマネージャーのJarett Coyは10月のunBoxedで述べました。ブランドがこの領域で差別化を図るには、お客様と感情的なつながりを築き、長期的な関係性を構築するためのクリエイティブパフォーマンスを開発する必要があります。

Coyは、3ステップのロードマップと、クリエイティブパフォーマンスの促進を目的としたブループリントについて概説しています。このブループリントは、クリエイティブを最適化することでブランドがお客様により効果的にリーチし、ブランドを成長させるのに役立つものです。

お客様のサクセスストーリーを通して、各ステップを1つずつ見ていきましょう。 San Francisco Bay Coffee(SF Bay)。

ステップ1: 自分の目標は何か?

ここで大切なのは、ブランドがお客様の立場に立って考えることです。Coyは、カスタマーエクスペリエンス全体と、どのようなクリエイティブが対象オーディエンスの心に響くかにより注目した、中核となる成長目標の重要性について詳しく説明しています。ブランドは特定の成長目標を設定することで、独自の注目すべきパフォーマンス指標(KPI)を活用してクリエイティブパフォーマンスを測定できます。SF Bayの目標は、新規のお客様を獲得し、Amazonストアでオーディエンスを拡大することでした。

大まかに言うと、SF Bayの目標は、さらなる顧客の獲得とAmazon内オーディエンスの拡大でした。SF Bayは、Amazonオーディエンスインサイトを活用して、自社ブランドの25歳から34歳までの購入者が類似ブランドよりも少ないことに気付きました。

ステップ2: クリエイティブの情報を提供するためのどのようなインサイトやベストプラクティスがあるか?

Amazon Adsには、カテゴリーベンチマーク、クリエイティブおよびオーディエンスインサイトなど、広告主様がパフォーマンスを向上させるのに役立つ幅広いインサイトとベストプラクティスがあります。

CoyはunBoxedで、「クリエイティブインサイトをいつどのように活用するべきか理解することで、クリエイティブを最大限に活用し、実績のあるベストプラクティスを活用してパフォーマンスを向上させることができます」と強調しています。

Amazon Adsには、カテゴリーベンチマークおよびオーディエンスインサイトなど、広告主様がパフォーマンスを向上させるのに役立つインサイトとベストプラクティスがあります。
SF Bayは、カスタマーレビューを調査した結果、サステナビリティと香り重視のコーヒーという特定の商品特性がお客様にとって重要であることを発見しました。また、食料品バーティカルのクリエイティブインサイトを活用して、各KPIのパフォーマンス向上にどんなことが役立つかも理解しました。

ステップ3: パフォーマンスを向上させるためにテストできるクリエイティブ要素は何か?

この時点でブランドの目標は定義されており、Amazon Adsのインサイトはクリエイティブに統合されています。これは、パフォーマンスを向上させるための最適化フェーズであるステップ3につながります。

「テストや実験によって、クリエイティブのどの要素が最高のパフォーマンスを生み出しているかを理解できます」と、Coyはアドバイスしました。これは、クリエイティブの最適化を繰り返し、ブランドパフォーマンスを向上させる機会を広告主様に与えることによって実践できます。SF Bayは、A/Bテストを通じて、サステナビリティまたは香り重視の広告が若い成人のオーディエンスの増加に役立つかどうかを検証しました。これには、広告メッセージングのバリエーションとバックグラウンドスタイル(商品重視とライフスタイルの比較)のどれがパフォーマンスを向上させるかを判断するための2つのテストが含まれていました。

SF Bayは、目標を達成するために3ステップの広告クリエイティブブループリントを実践したブランドの実例を挙げています。同社のキャンペーンでは、香り重視のメッセージングを活用した場合のクリック率が8%上昇し、ブループリントを実践した場合のブランド新規顧客の購入が24%増加しました。2

Coyが述べているように、「SF Bayは、[ブループリントを使用して]パフォーマンスを向上させることができた一例にすぎません」。 ブランドを成長させ、クリエイティブパフォーマンスを向上させたいと考えている広告主様には、3ステップのブループリントに注目することをお勧めします。

Amazon Adsインサイトの詳細を確認するか、Amazon Adsアカウントエグゼクティブに今すぐお問い合わせください。

1 Davis, S. M.ブランドアセット管理: ブランドを通じて収益性の高い成長を促進させる、2002年
2 お客様提供データ、2021年