unBoxed 2022: 注目すべき4つの広告トレンド

2022年9月20日 | 投稿者:Jareen Imam、コンテンツおよび編集シニアマネージャー

紫色の背景でタブレットを持っている女性

このブログ投稿は、Amazon AdsのunBoxed 2022カバレッジの一部です。Amazon Adsの毎年恒例のunBoxedカンファレンスでは、大小のブランドがお客様とつながり、ビジネスを成長させ、将来に備えるのに役立つ新機能、インサイト、ソリューションを発表します。

登録が開始されました。

経済、消費者行動の変化、テクノロジーの革新、オーディエンスの断片化など、広告業界は変革の時を迎えています。昨今のマーケティング担当者は、ビジネス目標を達成するために、さまざまな新しい課題にすばやく対処するのに必要な十分な知識とツールを備えている必要があります。

10月25日から10月27日まで、Amazon Adsの年次カンファレンスであるunBoxedが、ニューヨーク市のジェイコブ・ジャビッツ・センターで再び開催されます。新しい広告ソリューションの発表や、ビジネスリーダーによる講演を通じて、マーケティング担当者が進化する業界にどのようにアプローチしていけばよいかを学ぶ機会があります。

Amazon Adsのグローバル広告セールス部門長であるAlan Moss氏は、次のように述べています。「ブランドは大規模なオーディエンスにリーチし、働きかけるための新しい方法を模索しています。unBoxed 2022では、変化する広告業界に対応して、オーディエンスとの有意義なつながりを築くのに役立つ方法を、お客様のご要望に応えて当社がどのように考案しているかを紹介します」

イベントに先だって、Amazon Adsのリーダーが広告主様やマーケティング担当者と注目のトレンドについて話し合います。unBoxed 2022への登録が開始されました。ここでは、これらのトピックについて詳しく説明します。

1.不確実性に適応する

経済の変化は消費者や企業に影響を及ぼします。この間、マーケティング担当者は、予算が効果的でスケーラブルなキャンペーンの開始に役立っていることを確認したいと考えています。1マーケティング担当者は、広告費用対効果(ROAS)を最大化し、投資額に見合う利益を得るために、インサイト主導型の戦略に注力しています。

また、マーケティング担当者は、支出管理のほかに、継続するグローバルサプライチェーンの問題や消費者意識の変化にも対応しています。市場調査会社NPD Groupの6月のレポートによると、10人に8人の消費者は、コストの上昇により、今後3~6か月以内に製品支出の見直しまたは削減を計画していると回答しています。2

広告効果測定部門長のPaula Despins氏は、次のように述べています。「広告の影響を測定できることは、マーケティング担当者にとって常に最優先事項ですが、経済が不安定な時代には特に重要です。ブランドや代理店は、自社の努力と投資の価値を理解して、マーケティング予算を効果的に活用するためのインサイトを入手することが必要です。だからこそ、ファネルのあらゆる段階で、チャネル全体で効果測定を行うことが、特に今重要になっています」

unBoxed 2022の期間中、Amazon Adsではチャネルの効率性を高め、キャンペーンを最適化する方法を共有します。これにより、ブランドはキャンペーンの効果をより適切に測定し、広告費の効果を高め、オーディエンスにとってより魅力的なキャンペーンを作成できるようになります。

2.アテンションエコノミーで差別化する

テレビからノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど、オーディエンスはさまざまなデバイスの画面やコンテンツで、買い物、ゲーム、ストリーミングを行っています。Adweekの最近のアンケートでは、調査対象者の84%が、テレビを見たりコンテンツをストリーミングしたりするときに、2台目の画面を使用していると回答しています。3マルチタスクが台頭する中、ブランドは複数の画面上でオーディエンスとつながり、関連性の高いメッセージを伝え、エクスペリエンスを向上させるにはどうすればよいでしょうか?

Amazon AdsとOmnicom Media GroupがLatitudeに委託した2022年の調査によると、関連性が高く楽しい広告の場合、オーディエンスは広告をより楽しむ傾向があります。このアンケートでは、消費者の73%が、広告が視聴者と関連性が高いと、全体的な視聴体験がより楽しくなると回答しています。4

魅力的なクリエイティブアセットを使用して、どのようなコンテンツがオーディエンスの共感を呼んでいるかを理解することで、ブランドは他のコンテンツの中で突出し、差別化を図る機会を得られます。ブランドの向上率に関するインサイトを調査した最近のAmazon AdsとKantarの分析では、パフォーマンスの高いクリエイティブの88%に動画広告が含まれていることがわかりました。5また、動画広告とディスプレイ広告の両方を含むキャンペーンでは、ブランドの認知はディスプレイ広告のみのキャンペーンの2倍高くなりました。6

「Amazon Adsでは、マーケティング担当者のあらゆるニーズに応える、画期的な新しいクリエイティブ製品やサービスを考案してきました」と、Amazon Adsでグローバルクリエイティブサクセス担当ディレクターを務めるHeather Kehrberg氏は述べています。「マーケティング担当者が、質の高いクリエイティブを重視していることを理解しています。当社は、キャンペーンの向上に役立つ、利用しやすく費用対効果の高いクリエイティブソリューションを提供して、担当者に満足していただきたいと考えています」

unBoxed 2022では、Amazon Adsは、ブランドがアジャイルなメッセージとクリエイティブを通じて、広告体験を向上させるためのさらなる方法を取り上げる予定です。

3.変化する状況における関連性の発見

マーケティング担当者は、広告のアドレサビリティの状況が絶えず変化していることが、キャンペーンが関連性の高いオーディエンスに大規模にリーチする方法に影響を与えていることを理解しています。このような変化により、広告業界でお客様とマーケティング担当者の両方にメリットをもたらす、堅牢なソリューションを考案し続ける機会が生まれます。

「新しいチャネルがオンラインとオフラインで登場するにつれて、ブランドはマルチチャネルタッチポイントの影響を理解し、効率を高めようとしています」と、Amazon Adsのメディア効果測定担当ディレクターであるSrishti Gupta氏は述べています。「適切なシグナルとテクノロジーを活用することで、ブランドはより優れたインサイトを入手し、パフォーマンスの目標の達成を促進できます」

unBoxedでは、当社の堅牢なソリューションが、ブランドが関連性の高いオーディエンスとつながり、有意義なつながりを大規模に築くのにどのように役立つかについて説明します。

4.大規模なオーディエンスへのリーチ

マーケティング担当者は、適切なオーディエンスにリーチし、検討を促し、コンバージョンを増やすキャンペーンを作成するだけでなく、ブランドに対する愛着とロイヤルティにつながるオーディエンスとの真のつながりを築くサポートをしたいと考えています。

Amazon Adsのグローバルマーケティング責任者であるClaire Paull氏は、次のように語っています。「常時掲載のアプローチは、マーケティング担当者が日常生活を通じて、オーディエンスとの重要なつながりを築くのに役立ちます。オンラインショッピングでも音楽を聴いているときでも、すでにオーディエンスがいる場所に表示されることで、忙しい消費者にとって最初に思い浮かべるブランドであり続けることができます」

さらに、オーディエンスが断片化している今の時代、特に消費者の全体的なメディア消費が多様化し、それぞれのチャネルに費やす時間が変化する状況においては、常時掲載のアプローチが重要になります。ストリーミングTV広告音声広告ディスプレイ広告などを使用して、広告がオーディエンスが今いる場所に表示されることで、自宅にいる、インストアでブラウジングしている、または外出先にいるオーディエンスが最初に思い浮かべるブランドであり続けることができるのです。unBoxedでは、ブランドが正確にリーチできる、信頼性の高いキャンペーンを作成する方法を紹介します。

unBoxed 2022では、より多くのトレンドやインサイトについて取り上げ、ブランドがマーケティング目標を達成し、お客様とつながるのに役立つ新製品やサービスを発表します。ぜひご自身で体験してください。

1「Global economic crisis sparks reappraisal of online ad spending by brand marketers(世界的な経済危機により、ブランドマーケティング担当者によるオンライン広告費の再評価が加速)」、Digiday、米国、2022年
2「How America is coping with inflation: Buy what’s needed, nothing more(アメリカがインフレに対処する方法:必要な物だけを購入する)」CNN、米国、2022年
3「What Is Everyone Doing on Their Second Screens?(2台目の画面でしていること)」 Adweek、米国、2021年
4 Latitude、「The New Ad Value Exchange(新しい広告価値の変換)」、Amazon AdsとOMG、2021年、米国
5~6「Creative meta-analysis(クリエイティブメタアナリシス)」、Amazon AdsおよびKantar、2022年4月、米国